にきび治療について

保険

経験

思春期を迎える頃に出来始め多くの人が経験するにきびは、
いつの間にか治ってしまうことも多いため病気としての認識の乏しいものです。

しかし、にきびは医学的には尋常性ざ瘡といういわれるれっきとした皮膚病です。

ですから皮膚科を受診してにきび治療を適切に行うことで改善するものであることを知っておきましょう。
自分でにきびを治そうという場合にはスキンケアや塗り薬などに頼ることになりますが、
皮膚科で行われるにきび治療は症状に合わせた飲み薬や抗菌薬、外用レチノイド薬などの塗り薬が処方されます。

 

どこがいいのか

また、全国の皮膚科医が集まりにきび治療の基本方針となるガイドラインを作成するなど
日本のどこであっても正確な診断と治療を行うことが出来るよう尽力しています。

皮膚科でのにきび治療が安心で効果が高いといっても、その料金が心配だという人は多いようです。

しかしにきび治療には保険が適用されます。健康保険の取り扱いのある皮膚科に相談してみることをお勧めします。